ミニバス シュートフォーム U-12バスケットボール上達革命の練習メニューとは?

ゴール下のシュートフォーム!上達のコツはコレ

ミニパスでゴール下のシュートが入りますか?

 

低学年の子供の場合は、リングにボールが届かない場合もありますが、それはシュートフォームが身についていなからです。

ゴール下のシュートフォーム

 

例えば、ゴール下でジャンプシュートを打つときには、上半身と下半身をフルに使ってシュートを行うようにすることが大切です。

 

 

まず下半身は、膝を曲げ腰を低くし、その腰の真上に上半身を乗せるようにすることがコツです。

 

その際、バックボードのボールを当てたい部分を見つめ、足の母指球(親指の付け根)に力を入れて床を踏みしめることで、より高くジャンプすることができます。

 

上半身は肩と肘の余計な力を入れずに脇を締め、ボールを持つ指先を上に向けることで素早くシュートに移ることができます。

 

 

そのようにしておけば、相手ディフェンスにボールをはたかれたとしてもボールを落としにくいです。

 

具体的なゴール下でのジャンプシュートのフォームは、右肩をやや前に出します。
その際、ボールの持つ位置が下になりすぎないようにし、ボールを持つ指先が下を向いていると、すぐにシュートに移れません。

 

そして、ボールを額より高い位置で持ち、膝を曲げてしっかり沈み込み、足首と膝のばねを柔らかく使ってジャンプします。

 

 

下半身の力がボールに伝わるようにジャンプと同時に曲げた肘を伸ばしていきます。(ジャンプの動きと連動させてボールを上に持ち上げる)

 

ジャンプして空中で最高点に達したときに高い位置からシュートをするようにします。
左手もリリースまではボールに沿えておくようにします。

 

また、右手で投げる場合は右足を、左なら左足をやや前に出すと良いです。

 

 

いずれにしても、ミニバスのシュート上達のコツは、正しいシュートフォームを繰り返すことです。

 

ちなみにシュートは、どの位置から打っても同じではなく、ゴール下45度の角度が一番狙いやすく、決定率が高いです。

 

まずはこの位置からシュート練習するのが上達の近道かもしれません。

 

 

その際は、必ずバックボードを使い、左右両サイドから決めれるように、マスターしていきましょう。

 

正しいシュートフォームを解説します。
TOPへ

 

page top