ミニバス パスキャッチ U-12バスケットボール上達革命の練習メニューとは?

パスキャッチのポイント!シュートの成功を左右する

ミニバスも正確にキャッチすることからシュートが始まります。

 

特にゴール近くでパスを受けたなら、可能なかぎりシュートは決めたいところです。

パスキャッチ

 

その為にも、シュートだけ練習するのではなく、パスキャッチ(取り方)の基本を身につけたら、パスを受けるところからはじめると良いです。

 

 

何故なら、正確にパスキャッチすることがシュートの成功を大きく左右するからです。

 

そんなパスキャッチの基本は、パスをを受けるときに指先(手のひら)を全部ボールに向けてキャッチの構えを作ること。

 

指先がボールの来る方向に向いていないとキャッチミスの原因になります。その際、左右の手はボールの幅くらいの間隔をあけます

 

 

普段から習慣にすることで、キャッチミスも減り、スムーズにシュート体勢に入っていけます。

 

また、パスキャツチするときのストップの方法も大事です。
片足ずつ止まるストライドステップと両足で同時に着地するジャンプストップの2種類があります。

 

この2種類のストップの方法を、ミニバスの試合中の状況に合わせて臨機応変に対応できるように、どちらも身につけておくようにすることが大切です。

 

 

例えば、キャッチからジャンプシュートに行く場合、ストライドステップを使うなら、まず指先を全てボールの来る方向に向け、すぐに動けるように膝を曲げて待ちます。

 

そして、パスキャッチして、左足を1歩目で踏み出したら、その左足を軸にして、右足の着地とともにボールを額の上にして構え、真上にジャンプしてシュートを放ちます。

 

この時のポイントは先に着いた足が軸足になるということ。

 

 

一方、ジャンプストップからジャンプシュートに行く場合なら、キャッチの準備をし、膝を曲げてすぐに動けるようにします。

 

軽くジャンプし、空中でボールをキャッチし両足で同時に着地。
このときにボールを受けた位置から下げないようにするのがポイント。

 

キャッチの時にボールを下げるとディフェンスに叩かれてしまい、ボールを簡単に奪われてしまいかねないからです。

 

 

また、指先が下を向いていると素早くシュートに移れないので注意してください。

 

そして床を踏みしめて真上にジャンプし、最高点でシュートを放ちます。

 

もし、シュートの成功率が悪いなら、パスキャッチの練習を頑張ればスタメンになれるかもしれません。

 

 

ただ、低学年の体が小さいうちは、体がボールに負けている状態でプレーすることが多いのがミニバス。

 

特に初心者は、ボールが重く感じたり、怖さもあるかもしれないので、パスの取り方やボールの持ち方などの、基本の練習メニューから始めることで、シュートが入りなすくなったり、速攻などの速いパスを回しも出来るようになれたりと、効率よく上達に繋がる筈です。

 

 

やはり、指導方法一つで、ミニバス選手の成長に差が出るんだ。そう気づかされます。

 

初心者必見の練習メニューとは?
TOPへ

 

page top